Garmin GPS英語版用 日本地図データ

概要

Edge 800スクリーンショット(2011-12-23版) OpenStreetMap(OSM)のデータを変換して作成した、Garmin GPS用の日本地図データを無償配付しています。Edge 800英語版(Firmware 2.60)で動作確認済み。Edge800などのナビ対応機種ではナビも可能です。

eTrex20/30、eTrex Vista HCx、GPSMAP60CSx/62s、nuvi 250/350、Edge705/810/1000、Oregon450/550、Montana600でも動くそうです。

日本語が表示可能なデバイスの場合は、こちらのサイトのデータをお勧めします。当サイトのデータとは若干見た目が異なります。当サイトのデータは、漢字やひらがなをローマ字変換し、英語版でも表示できるようにしているのが異なります。よく間違ったローマ字変換がされていますが、実用上は問題ないレベルです。変換後のローマ字名で検索もできます。

使用方法

ダウンロードしたzipデータを展開して出てきた gmapsupp.img を、Garmin GPS内のmicro SDカードなどのGarminフォルダに置いて下さい。展開後のサイズは、等高線なしデータが約500MB、等高線ありデータが約770MBです。

データ変換方法の更新履歴

以前からの利用者の方へのお知らせ

2012年9月後半より、ライセンスをODbL 1.0に変更しました。

ダウンロード

リンク先ページ内の「ダウンロード」ボタンを押してダウンロードしてください。

ファイル一覧
元データ日付 等高線なし 等高線あり
2014-08-20 gmapsupp_140820.zip gmapsupp_140820cntr.zip
2014-08-06 gmapsupp_140806.zip gmapsupp_140806cntr.zip
2014-07-21 gmapsupp_140721.zip gmapsupp_140721cntr.zip
以前のもの 古いファイルの一覧

OSM系以外のGarmin地図と比較した、OSM系地図の主なメリット

OpenStreetMap 編集者向けガイド

自分の近所の地図データが少なすぎる、または間違っていると思う方は、OpenStreetMapのデータ編集に協力してください。修正実施後の次の当サイトのデータ更新時に反映されます(直前の1〜2日間の修正は含まれません)。基本的な内容は公式wikiから探してください。

GPSのナビの経路がものすごく遠回りになる場合、OSM側で道が正しく接続されていないことが多いです。接続されている道だけをたどるようにナビの経路が決まっているようです(参考資料)。エラーチェックで赤や青の矢印が幹線道路に大量に表示されるエリアは、正しく接続されていません。本格的に修正する場合は、最新版のデータで確認できるJOSMの妥当性検証機能が便利です。JOSMの場合、地図データの画面上で、Ctrlキーを押しながら2つのノードをマウスのドラッグ操作で重ねると接続されます。

当サイトのGPSデータでは、name:en(英語用)やname:ja_rm(日本語ローマ字)、name:ja_kanaのいずれかのタグが入っていると、nameより優先して使用されます。ローマ字読みの誤変換が気になる箇所は、name:enなどにデータを入れてください。

その他

当データは、OpenStreetMapの最新データに追従するため、不定期に更新します。当面は月1回以上の更新を目標とします。OpenStreetMapは誰でも編集できる地図という性格上、間違った操作で一部の道などが削除されてしまっている可能性があります。GPSのデータを入れ替えた際は、自分に必要な地域の地図に異常がないか確認することをお勧めします。

等高線データはOpenStreetMapには含まれていないので、SRTMのデータを利用しています。等高線情報が抜けている場所がありますが、これはvoidと呼ばれる、元データの欠けによるものです。精度も国土地理院の地図と比べるとあまりよくないようです。

時々、私に寄付したいという方を見かけるのですが、このデータはOSMに関わる方々の努力の積み重ねによるもので、私が寄付を受け取る理由はありません。私としても、私に寄付されるよりOSMのデータが充実するほうが嬉しいので、OSMのデータ入力に参加するようにお願いします。入力がどうしても難しいなら、OSMへの寄付をお願いします。

配布データのライセンス表示

Map data (c) OpenStreetMap contributors, ODbL 1.0

Map generated by T-MZ

主な構成データ

等高線(SRTM3 Version2.1) : NASA, Public domain

それ以外の全ての地図データ : (c) OpenStreetMap contributors, ODbL 1.0

データ自作用の設定ファイル類

難易度は高めですが、これを元にカスタマイズ版地図データの自作が可能です。設定ファイルの公開より前に、上記地図データに先行して導入する場合があるため、やや時差があります。

設定ファイル一覧
元データ日付 設定データ 主な変更
2014-05-29 config140529.zip splitter r398対応、モノレールとケーブルカー表示追加、名前候補にbrand追加
2014-03-05 config140305.zip polygonのplaceタグを無視する対応、information=boardの表示変更
2014-01-19 config140119.zip mkgmap r2934対応、一方通行マーク追加
2013-09-07 config130907.zip highway=serviceの表示を変更、フランス語等の文字変換追加
2013-07-23 config130723.zip 不正文字対策追加、名前候補にname:frを追加
2013-05-06 config130506.zip mkgmap最新版(r2585)対応、POI(コンビニ)の判定条件調整
2013-03-20 config130320.zip geofabrikのファイルパス変更、等高線ありなし両方作成時の変換時間改善
2013-01-16 config130116.zip mapidを63240001始まりから63310001始まりに変更、mkgmapとsplitterの最新版対応
2012-12-17 config121217.zip 名前候補にname:ja_kanaを追加、POI(コンビニ)の判定条件調整
2012-09-26 config120926.zip ライセンス切り替え対応と、不正文字対策追加
2012-06-19 config120619.zip 見やすさ改善とファイル容量削減のため、森の表示を削除
2012-06-08 config120608.zip 2012-04-30版以降、東西方向または南北方向に不自然な等高線が入っていた箇所があったのを修正
2012-06-01 config120601.zip オーバーフローが起きる箇所が発生したため、splitterのmax-nodesを120000から100000に変更
2012-04-30 config120430.zip 等高線の位置が南西方向に60mずれていたのを補正
2012-02-16 config120216.zip 初回公開版 ※これ以前のものは公開準備の材料が揃っていなかったので非公開です